費用と実績で見る!姫路のインプラントガイド » インプラントの基礎知識 » インプラントの撤去(取り外し)とは

公開日: |最終更新日時:

インプラントの撤去(取り外し)とは

インプラント治療は、歯の欠損に対する治療法の一つ。残っている歯に負担をかけず、メンテナンスやケアを行えば長持ちする点がメリットです。しかし、何らかのトラブルが生じて修理などができないときには、インプラントを撤去しなければならないケースもあります。

インプラントの撤去施術

インプラントの撤去施術は、あごの骨からインプラント本体(人工歯根)を取り外すことによって行われます。

保険適用・適用外の撤去施術

インプラントの撤去施術には、保険適用になる場合とならない場合があります。保険適用になるのは、インプラント治療を受けたところ以外のクリニックで撤去する場合です。一方、治療を受けたところで撤去もしてもらうと、保険適用外になる可能性があります。

撤去の施術方法

骨が減っていてインプラントの埋め込みが緩んでいるときは、歯茎を切開し、骨を削らず撤去。インプラントが骨に定着しているときには、歯茎を切って骨を削ってから撤去します。

インプラントの撤去が必要な場合

神経麻痺

インプラント手術をした後、まれに下あごにしびれや麻痺が起きることがあります。通常は数日でおさまりますが、おさまらない場合には神経を傷つけている可能性がありますので、インプラントの撤去が必要になるかもしれません。

金属アレルギー

インプラントの材料であるチタンは、空気に触れるとすぐに酸化して表面に酸化被膜を作ります。この酸化被膜によって、金属アレルギーを防ぐことが可能です。それでも全員が金属アレルギーを起こさないとは言い切れないため、もしも金属アレルギーを起こした場合はクリニックに相談するとよいでしょう。

細菌感染

インプラント手術の後に細菌感染が起こると、腫れや痛みを感じることがあります。悪化すると膿が出たり、痛みが強くなったりすることもあるのです。こうした症状が出てきたときは、クリニックに相談することをオススメします。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、インプラントの汚れによって顎の骨に起きる炎症です。症状が悪化して骨が減ってしまうと、インプラントの撤去が必要になることもあります。

インプラントの破損

あごの骨に埋め込むインプラント本体(人工歯根)に破損が生じたときは、修理で噛み合わせを整えることが難しいため、インプラント撤去の必要があるかもしれません。

安静にしている間にばっちり終わる!
インプラント治療ができる
姫路市の歯医者さん

DENTISTS

イオンモール姫路 大津歯科
リバーシティー歯科
治療費用
33万円~/1本
年間治療実績
300本(2018年)
使用
メーカー
ストローマン社
アストラテック社
カウンセリング
無料
お問い合わせ
9:00~20:00
グランツ歯科
治療費用
44万円~/1本
年間治療実績
記載なし
使用
メーカー
ノーベル
バイオケア社
カウンセリング
無料
お問い合わせ
9:30~17:30
佐多歯科医院
治療費用
36.85万円~/1本
年間治療実績
記載なし
使用
メーカー
ノーベル
バイオケア社
カウンセリング
記載なし
お問い合わせ
9:00~19:00

※姫路市内のインプラント対応歯科を調査し、公式HPでインプラントメーカーを明記、麻酔に関して静脈内鎮静法をとっている歯科のみを紹介しています。(2020年12月1日時点)

※治療費用はインプラント1本分の価格を公式HPから算出したものとなります。

※インプラント治療の費用・期間について
インプラント治療の平均的な費用は1本当たり30~40万円ほど、治療にかかる期間は平均で7ヶ月~13ヶ月とされています。費用・期間とも、個人の健康状態や、クリニックの体制によって異なるので、詳しい情報はクリニックに直接お問い合わせください。

※副作用について
インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や、金属アレルギーが発症することなどが考えられます。 また、持病などの状態によっては、治療を受けることによって合併症を惹き起こす可能性もあります。不安や懸念点がある方、詳しく知りたい方はクリニックへご相談ください。

参考:インプラントネット(https://www.implant.ac/cost/#link01-1)、ストローマンインプラント公式(https://straumannpartners.jp/medical/implant/flow/)