種類によって変わるインプラント

現在世界中でインプラントメーカーは150社以上あるといわれており、国内で販売を認可されたメーカーは30 社超といわれています。

その中でもシェア率の高さからインプラント4大メーカーと呼ばれるメーカーがあります。

ストローマン社(スイス)

チタン製インプラント。独自のSLAサーフェイスという表面性状は世界で最も評価が高く、これまで500万人以上に治療された豊富な実績があります。

ノーベルバイオケア社(スウェーデン)

実用インプラントを世界初で開発した、40年の実績を持つメーカー。「アクティブ」「スピーディ」「リプレイスセレクト」などとラインナップも豊富で、「世界で最も信頼性の高いインプラントシステム」と言われています。

ジーマーデンタル社(アメリカ)

チタン製インプラント。表面性状はHAコーティングがされ骨伝動能があるため、骨造成が必要な場合が多くある日本人に向いています。

デンツプライシロナ社(スウェーデン)

プラットフォームスイッチングと呼ばれる方法で、歯周病に強い上、骨との結合が非常に早いことが特徴。さまざまな太さや長さがあるため、顎の骨の状態に適したものを選べます。

メーカーによって価格も変わってくる。

インプラントは保険外診療のため医療機関によって、また使用するインプラントの種類・メーカーでも異なります。

金額に目が行きがちで、安いインプラントを!と言われる方もいるかと思いますが、安全性が確認されていないものも中には存在するため、結局抜けてしまう事を考えると、長い目で見るとしっかりとしたメーカーを選ぶべきという見方をすることもできます。

いろんなメーカーを持っていることがすなわち良いクリニックではない。

さまざまなメーカー・種類があるインプラントですが、だからといって多くのメーカーを扱っているクリニックが良いというわけではありません。

インプラント手術を行った歯科医しか、使用しているメーカーや患者さんの骨の状態など、細かな把握ができません。

歯を入れて治療完了ではなく、そこから長く維持させるためには歯科医は使用しているメーカーについて詳しい知識をもっていなければなりません。

施術方法の幅をしっかり見るべし

インプラント治療といっても「ただ埋めるだけ」の治療を行うのではなく、長期的にインプラントが安定するようその人に合う治療計画を立てて、治療してくれるクリニックをおすすめします。

インプラントの基本情報について

インプラントの治療内容:インプラント体とよばれる金属を顎骨に埋め込み、その上に人工の歯を被せることで、自分の歯に近い状態にすることのできる口腔手術になります。

インプラントの費用:インプラントの治療費の全国平均は、32万5000円となります。各個人の状態によっても変わってきますので、クリニックと必ずご相談をしてください。

インプラントのリスク:インプラント周囲炎や金属アレルギーを起こす可能性があります。各個人の口腔内の状態によって変わってきますので、必ずカウンセリング時に相談をしてください。

インプラントにかかる期間:平均6ヶ月~12ヶ月と言われていますが、症状やクリニック、手術回数によって変わってきます。自分自身に合った診療をカウンセリングで提示された上で、確認をしてみてください。